メタパとは


         
“仲間が作れるアットホームな環境”




これがメタルパーティーの最大の特長です

初めて参加される方への対応を何よりも重要視しています

音楽を楽しむのはもちろん

“ここに来れば仲間達が温かく迎えてくれる”

そのようなイベントです。



          “2010年5月 メタルパーティー誕生”


もちろん最初から上手く行ったわけではありません

・日本のメタルDJイベント参加未経験
・DJイベント主催未経験

”知識・経験・人脈”
当時、開催する為に必要な要素は一切持ち合わせていませんでした

当たり前のように毎月開催しているこのイベントを運営していく為のシステムも
試行錯誤しながら地道に完成させていったものです


本当にこのやり方で上手く行くのかどうかも分からず、
相談する相手すらいない状況での完全に孤独な手探り作業でした



“相談する相手がいない”



実はこの状況のおかげで今まで全てを自己流でやる事ができ、
オリジナリティを出す事が出来たので結果的には良かったと思いますが、
メタルパーティーを誕生させた当初、根本的な疑問が浮かびました


「そもそも、メタラー(メタル好き)ってどこにいるの??」


当時、メタル仲間が1人もいなく何も分からないこの状況

全てはここからのスタートでした。




・メタルDJイベントがどのようなものなのか想像出来ない
・いつ、どこで、どんな人が開催しているのかも知らない

以前の自分と同じく特に日本の若い世代の方は
メタルDJイベントに参加する習慣がほとんどない為
このように言う方が想像していた以上に多いです。





・怖い
・敷居が高い
・メタルの知識がないと楽しめない
・1人で参加したら寂しい思いをする

イベントも拡大し始めていた頃色々な人の話を聞いていると
メタルDJイベントに対してこのようなイメージを抱いている人が
とても多く、それが理由で参加するのを躊躇していた人が多いという事実を知りました

メタルを知ってもらうにはDJイベントはとても有効だと思いますが、
そもそも参加する事自体のハードルが高ければ意味がありません

まずはこれら全ての問題を解決する必要があると思いました

仲間を作るのが困難


1日に数万人ものメタラーという”同志”が
集まるライブ等のイベントは日本にも少なからずあります
会場では似た物同士が集まり自然とテンションも上がる
誰もがお互いを求めている


        しかし


実際イベント終了後会場を出る時に何人の仲間を作れていますか?
その後、何人の仲間と繋がっていますか?


メタル仲間が欲しいと思っている多くの人が
一人で参加して結局帰りも一人、という話をよく聞きます

メタルDJイベントにしても例外ではなく、
主催する側がそれを改善する環境を作らないと
問題は解決出来ないと強く感じました。


【海外との違い】




イギリスに住んでいた時ロンドンを始め多くのメタルDJイベントを経験し、
その後ヨーロッパ内を旅している時にも様々なメタルDJイベントを体験して
日本との規模の大きな違いに愕然としました

それだけではなく、
海外では大物バンドが多数出演する大規模なメタルフェスが1年中開催されています
しかも、ほとんどが野外開催のうえ3日間以上続くものが多いです



「これが日本と海外の違い」



生で見て経験して大きなショックを受けました

野外メタルフェスに限らずロンドンでの巨大クラブで開催される
毎週のように数百人規模のメタルDJイベントを体験したくても日本には存在しません


「大規模なメタルイベントを年中楽しむには海外に行くしかない・・」


海外に目を向けるのも良いですが、
そもそも日本でその環境を作ってしまえば良いのではないでしょうか


それを実現しない限り状況は一向に変わらないと強く感じました


メタルパーティーの最大の目的の一つはこの"概念を変える"ことです


つまり、理想の環境にいないのであれば、
それを自分達の手で日本国内で作り上げてしまえば良いのです


まずは日本と海外違いを知り、
次に重要なのが“疑問を抱く”ことではないかと思います



「なぜ日本には毎月数百人規模のメタルDJイベントがない!?」
「なぜ日本には野外メタルフェスが存在しない!?」



このように大きな疑問を持った瞬間
スタートラインに立ったと言えるのではないでしょうか


「ここは日本だから仕方ない・・」


こう思ってしまったらそれまでです

状況が変わる事はまずないでしょう


メタルパーティーはその疑問を投げかけ、
日本でそれを実現する環境作りに少しでも貢献出来たら嬉しく思います


時代と共に人のニーズは変わります
そのニーズに合わせてイベントも変わる必要があると思います

残念ながら従来のやり方では現代に合わない事も多いようです

上記の事を本当に実現するにはどうしても現代のニーズに合った
新しいタイプのメタルDJイベントを誕生させる必要性を強く感じました


基準を作る



・毎月、クラブ会場にて数百人規模での開催
・毎年、野外会場にて数千人規模での開催


メタルパーティーではこの状況を“当たり前という基準”を作りたいのです


【2つの取り組み】



『新規メタラーを増やす』

メタラーに楽しんでもらう為のイベントは沢山ありますが、
“新規メタラーを作る為のイベント”が無い事に気付きました
メタルとは無縁の多くの人にメタルを知ってもらい、
“楽しむきっかけ”を作る事が重要だと思います

ただでさえ人口が少ないメタラーの新規の数を増やさなければ
活性化にも時間がかかってしまいます


『国との境界線を無くす』

日本人が当たり前のように海外フェスに参加しているのと同様、
海外からメタルパーティーに参加する外国人の数を今以上に増やして行きたいと思います



【常に成長を意識する】




                “現状で満足”


主催者がこのように思った瞬間そのイベントの成長は止まります

イベントが成功するかどうかは主催者の
考え方・方向性で全て決まるのではないかと思います


メタルパーティーは進化し続けるイベントです


クラブ会場の中だけでは終わりません

今後も常に新しいアイデアを取り入れ、
最高のサービスを提供し続けるよう心掛けて行きます



「周りにメタル仲間がいない・・」
「出会うきっかけすらない・・」
「年中楽しむには海外に行くしかない・・」



以前の自分と同じく多くの人のこの定番ゼリフにはもう聞き飽きました


これらの問題全てを解決する為に誕生したのがメタルパーティーです



・多国籍の外国人
・メタルを聴いた事がない人
・下は高校生、上はメタルの全盛期をリアルタイムで経験した方



メタルパーティーが誕生してから毎月開催はもちろん、
年齢、性別、国籍、音楽性までもバラバラの多くの人達にリピーターになって頂けている理由



その答えは是非会場にてご自身で体感してみて下さい。





主催者 ヒロ